風邪 症状 原因 治し方

風邪の症状と原因、治療方法について

 『風邪』、おそらく最も馴染みのある病気ではないでしょうか?

 

 皆さんも、一度や二度は罹ったことがあると思います。
 むしろ、罹ったことがないという人の方が少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、風邪に関する様々な症状やその原因、対処方法、予防方法などについてわかりやすくご紹介していきます。

 

風邪とは?

 医学的には『風邪』という病気はなく、『風邪症候群』と呼ばれています。
 一般的には、咳・鼻水・鼻詰まり・喉の痛み・頭痛などの局部症状と発熱・倦怠感などの全身症状の総称を表します。

 

風邪の原因は?

 風邪は、主にウィルスの感染によって発症し、ウィルスの種類によって症状や治療方法が違ってきます。
 風邪の原因となるウィルスは、200種類以上あると言われています。

 

 ウィルスが感染するには、主に飛沫感染と接触感染があります。

飛沫感染

 風邪に感染した人の咳やくしゃみ等でウイルスが空気中に飛び散り、それを吸い込んで感染するものです。

 

接触感染

 風邪に感染した人が触れたものにウイルスが付着し、それを触ることでウイルスが体内に入り込んで感染するものです。

 

スポンサーリンク

 

風邪の症状は?

 風邪の症状は、原因となるウィルスによって違います。
 主な症状には、咳・鼻水・鼻詰まり・頭痛・喉の痛み・発熱・倦怠感などがあります。

 

 通常、風邪の症状は1週間程度で治まってくるものです。
 それ以上も症状が続く場合には、気管支炎や肺炎等の二次感染の可能性もあります。

 

風邪の治療方法は?

 風邪の主な治療方法は、薬で症状を和らげる対症療法とウイルスに対する抗生物質です。
 また、充分な休養と栄養を摂取することで、症状が自然と改善されることも多いです。
 いわゆる暖かくしてゆっくり休むということになります。

 

 風邪は万病の元とも言われ、乳幼児や高齢者の場合には特に注意が必要となります。
 症状が改善されない場合や重症の場合には、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

風邪の予防方法は?

 風邪は、日頃の生活習慣を意識することでほとんどが予防できるものです。

 

手洗いとうがいをしっかりしましょう

 一般的によく行われている方法です。
 手に付着したウイルスや喉に付着したウイルスを洗い流します。
 手を洗う時は殺菌力のある石鹸を使い、うがいをする時はうがい薬を使うと良いでしょう。

 

マスクを着用しましょう

 特に、風邪の流行する冬場では、マスクを着用するようにします。
 マスクは、飛沫感染を防ぐのに効果的です。

 

 マスクには自身の感染を防ぐだけではなく、自分が感染した場合に周囲に感染させないという効果もあります。
 最近は、衛生的で使い勝手のよいマスクがあるので上手に利用すると良いでしょう。

 

室温や湿度を調整しましょう

 ウィルスは、冬場の温度や湿度が低いのを好みます。
 室温や湿度を高くすることで、ウイルスの増殖を防ぐことができるようになります。

 

 室温は20〜25℃に、湿度は60〜80%になるように調整すると良いでしょう。
 空気が乾燥する冬場には、部屋に加湿器を置いたり、濡れタオルを干したりするのがお勧めです。

 

免疫力をつけましょう

 疲れや体力の低下等で免疫力が弱くなると、ウイルスに対する抵抗力が弱くなってしまいます。
 風邪をひいた時にも、治りにくくなってしまいます。

 

 日頃から、適度な運動と栄養バランスのよい食事をし、充分な睡眠を摂るようにしましょう。
 栄養補給にサプリメント等を利用するのも良いでしょう。 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。