風邪 症状 原因 治し方

インフルエンザ記事一覧

 現在では様々なタイプの検査キットが市販されるようになっています。 検査できる項目も多種多様で、感染症や病気のリスクなどを迅速に調べることが可能です。 市販の検査キットが登場したことで、昨今では短時間で結果が分かるようになりました。 医療機関においてもこういった検査キットは広く使用されている状況です。 特にインフルエンザの場合には治療を早く開始することが大事になるため、検査キットが重宝されています...

 インフルエンザを発症した場合には、通常では1週間程度で症状が落ち着いてきます。 このように症状が落ち着くまでが一般的なウイルスの排出期間です。 ウイルスの排出期間は個人の状態によってケースバイケースであり、症状がなくなったからといって即感染力がなくなったと考えるのは時に早計となります。 学校などの集団感染が懸念される場では、発症後医師の許可を受けてから登校が再開されるのが一般的です。 こういった...

 インフルエンザが冬に流行することは、皆さんもよくご存知かと思います。 一般的な風邪よりも重症になりやすく、小さい子供や高齢者がいる家庭では特に気をつける必要があります。 インフルエンザは、毎年11月ごろから感染者が出始め3月ごろまで続きます。 冬に流行する理由は、ウィルスが冬には活発化しやすいからです。 ウィルスは、温度が低く乾燥したところで増殖しやすいのです。 インフルエンザに感染しても、すぐ...

 インフルエンザに特徴的な症状として、頭痛や関節痛などが挙げられます。 このような症状は発熱と共に起きることが多く、通常は1週間程度で治まってきます。 しかし、場合によっては熱が下がった後もしばらく頭痛などが残ることがあります。 インフルエンザで生じる頭痛はかなり強いのが特徴です。 このため、治らない症状に不安を抱く方も出てきます。 そういった場合には、憶することなく早目に医療機関で相談するのがベ...

 インフルエンザの時には、様々な合併症を防ぐために禁忌とされる薬がいくつかあります。 ポピュラーな鎮痛薬として知られるロキソニンも、インフルエンザに罹かっている場合には、慎重に使うべき薬です。 特に乳幼児を始めとする20才以下の未成年者は脳症などを引き起こすリスクがあることから、ロキソニンは使用されないのが一般的と言えます。 通常、ロキソニンは頭痛や関節痛などを抑える鎮痛解熱薬として使用されていま...

 インフルエンザには、A型(えーがた)というものがあります。 病院に行って検査するとプラスと言われるタイプのものが、A型(えーがた)になります。 一般的に日本のインフルエンザは、12〜3月頃が流行期と言われています。 この病気は風邪と症状が異なるのが特徴的です。 風邪というのは、いろいろなウイルスが原因でなる病気です。 風邪の症状としては、咳やのどの痛み、鼻水などが現れます。 熱はインフルエンザに...

 イ ンフルエンザの代表的な症状の1つとして下痢と言った症状が挙げられます。 この症状が解熱後も治らない場合、どのような対処を行えば良いのでしょうか。 まず、下痢と言った症状はインフルエンザの初期段階から現れる症状であり、それに加えて関節痛などの症状を伴っている場合はインフルエンザを疑った方が良いです。 ただ、冬にはインフルエンザとほぼ同時期にウイルス性胃腸炎などの胃腸の病気も流行することが多く見...