風邪 味覚 苦い 治す

風邪で何を食べても苦い!味覚障害を治すには?

 風邪で何を食べても苦いと感じる味覚障害を治すには、どうしたらいいのでしょうか。?

 

 風邪を引くと鼻が詰まることがあります。
 呼吸も苦しくなってしまうケースも珍しくありません。

 

スポンサーリンク

 

 そのため臭いだけでは無くて、味も変になってしまいます。
 いわゆる味覚障害の状態です。

 

 風邪を引いた場合には、喉の炎症によってまともに食事も出来無い事も珍しくないでしょう。
 風邪を引いている時には、スタミナをつけないといけないと考える方も居ます。

 

 しかし病気になっている最中に食べてもいまいちです。
 臭いもありませんし、味も無いでしょう。

 

 この味覚障害についてですが、鼻の粘膜の炎症が原因になっています。
 この鼻の炎症は周囲に広がるのです。

 

 料理は何も味だけで楽しむ物ではありません。
 味覚だけでは無くて視覚や嗅覚でも楽しむ物なのです。

 

 臭いや見た目が分からなければ、全く味気なくなってしまうのはそれが原因の1つです。
 あるいは苦味だけになってしまう事もあります。

 

 酸味や苦味は舌の味を感じる部分が毒と判断するからです。
 苦味を感じるのは、苦いという味覚を受け取る力が強くなります。
 そのため苦いだけになります。

 

スポンサーリンク

 

 症状を治すのでしたら薬を飲んだり安静にしておく事が大切です。
 ただし、すぐに味覚を蘇らせたい方も居るかもしれません。

 

 それならば、鼻を噛むのが良いです。
 これによって鼻の炎症が改善されますので味を感じる事が出来ます。

 

 しかしこれはずっと続くわけではありません。
 すぐにまた鼻が詰まってしまいます。

 

 この鼻づまりを本格的に治すならば、アロマオイル等を利用するのもあります。
 ミントやユーカリ等のアロマオイルを利用すれば、メンソールの作用ですっきりとします。

 

 ただし風邪を治療しても味をはっきりと感じられない事もあるかもしれません。
 もしかしたら、薬の副作用の可能性もあります。

 

 さらにウイルスによって嗅覚神経がダメージを受けているケースもあるかもしれません。
 その場合はなるべく早めに医師で診療を受ける事が大切になるでしょう。

 

 とにかく早めに料理を美味しく食べたいのでしたら、まずは風邪を治療する事が肝心になります。
 それによって蘇ります。

 

 次はこちらの記事です。
 風邪で喉に膿が出た場合の対処や予防は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。