風邪 痰 色

色のついた痰が出たら風邪ではない病気かも?

スポンサーリンク

 

 痰の色によって、病気がわかることがあるというのをご存知ですか。
 元々は透明な分泌物なのですが、たとえば風邪や呼吸器疾患の場合は、黄色いものが出ることがあります。
 この黄色の正体は、細菌と戦った白血球の死骸であり、さらに細菌感染が進んでいるということなので、無理をしないようにするのが一番です。

 

 ただし急性気管支炎でこの痰が出ると、回復期に向かっていることを意味します。
 それ以外には、赤いものが出ることもあります。
 いわゆる血痰と呼ばれるもので、やはり呼吸器疾患に多いのですが、心臓弁膜症で出ることもあります。

 

 風邪がなかなか治らないと思っていたらこれが出て、他の病気、たとえばインフルエンザであるとか急性気管支炎、肺炎などであることがわかるケースもあります。
 もちろん肺結核の場合や、口の中のけがや喉からの出血でも出ますし、肺がんの場合もこれが見られることがありますので、長く続くような場合は病院で検査を受けることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

 他にも鉄さびのような赤褐色のものが出る病気もあります。
 この場合は真菌性肺炎や肺化膿症、肺吸虫症や肺梗塞など、肺の疾患が主に挙げられます。

 

 しかし肺疾患のみならず、心臓弁膜症や心不全といった、心臓疾患で出ることもあります。
 これらの疾患は肺うっ血になりやすく、その結果このような痰が出るといわれています。

 

 その他には緑のものもあり、これは緑膿菌によるものです。
 緑膿菌は体の免疫力が落ちている時に感染しやすく、高齢者が罹患しやすいクループ性肺炎の特徴的な症状です。

 

 その他にも塵肺の場合などは、黒いものが出ることもあります。
 痰の形状や色は、病気によって様々で、時にその病気の特徴ともなりますので、いつもと違うものが出た場合、それも長く続いて出る場合は、病院で検査を受けることをお勧めします。

 

 また風邪の時に出るものでも、初期はさらさらしているけど、後になるにつれて粘っこくなるといった具合に、病気の段階によって違って来ることもあります。

 

 次はこちらの記事です。
 風邪で汗が止まらない時には。。。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。