風邪 汗 止まらない

風邪で汗が止まらない時には。。。

 風邪で汗が止まらない時には、どうしたらいいのでしょうか。

 

 風邪にもいろいろ種類があり、それぞれつらい症状が出ますよね。
 その中でも熱の出る風邪は体力を消耗し、まともに歩くこともできなくなってしまうことさえあります。

 

スポンサーリンク

 

 他の症状なら多少無理をして仕事に行く方も、熱が出るとさすがに休もうと思うのではないでしょうか。
 そんなときに「汗をかけば熱が下がる」といってやたらに厚着をし毛布をかぶる人がいます。

 

 しかし、その対処法は間違いです。
 寒気がして震えているような時に温めるのは大いに良いことです。

 

 ですが、熱が上がり切って暑いと感じているのに無理をして厚着する必要はありません。
 かえって熱がこもり、あせもの原因にもなります。

 

 風邪が治りかけの時、汗が止まらないと困ったことがあるでしょう。
 汗が止まらないので不快だといって水分摂取を控えるのはやめましょう。

 

 脱水症状を引き起こし、さらに悪化してしまう恐れがあります。
 熱が下がる時には、自然と汗が出るものなのです。
 無理をする必要はありません。

 

 寒気がなくなり熱が上がり切ったら、薄着になって熱を発散させるほうが効果的です。
 汗をかいたらこまめにふきとりましょう。

 

スポンサーリンク

 

 十分な水分補給と着替えを行うことも重要です。
 スポーツドリンクを薄めたものなどが適しています。

 

 頭を冷やして気持ちがよいようであれば、水枕なども活用すると良いです。
 後頭部だけでなくわきの下や首筋、太ももなど太い血管が通る場所を冷やすとより効率的に熱を下げることができます。
 ただし、寒気がしたり冷やして頭痛が悪化したりする場合は止めましょう。

 

 熱を手っ取り早く下げるために解熱剤を使用する方がいますが、できるだけ控えてください。
 発熱はウイルスや細菌と戦うために身体が必要としているものです。

 

 勝手に下げてしまうとウイルスや細菌が活性化してしまいます。
 しかし、39度以上の高熱は体力を消耗させるため、解熱剤を活用しましょう。

 

 そして当然ですが、十分な休養が風邪を治すためには必要不可欠です。
 充分な水分を摂取し、自宅でゆっくりと休むのが、風邪を治すための一番の近道です。
 症状に不安のある時は、迷わず医師へ受診をしましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 咳や目やに等の症状を伴う風邪とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。