風邪 目やに 咳

咳や目やに等の症状を伴う風邪とは?

スポンサーリンク

 

 夏風邪が流行る時期に、小さな子どもを持つ親だと1度はプール熱という言葉を耳にしたことがあると思います。
 プールの水を介して感染することがあるためこの名前で呼ばれますが、原因は「アデノウイルス」というウイルスによって引き起こされています。
 6月頃から徐々に増加を始め、ピークは7月〜8月頃になります。

 

 通常の風邪とは異なり、インフルエンザのように高熱になる事が多いです。
 また結膜炎による目やにや咽頭炎による強い喉の痛みを伴う場合があるため、高熱で目やに喉の強い炎症等の症状が併発している場合には、このウイルスが疑われることが多いです。
 この他にも腹痛、下痢、咳等の症状を伴う場合もあります。

 

 これらの症状は3日〜5日程度続きますが、アデノウイルスは薬が効かないため、治療薬が無く対症療法のみになります。
 そのため、家族の看病などにあたる時は手洗いマスク等をしっかり行い、感染しないように努めることが大切です。

 

 また、患者本人にもマスクをしてもらい咳などでの飛沫拡散を防ぐことも重要です。

 

スポンサーリンク

 

 このアデノウイルスは「学校伝染病第2種」に指定されているため、主要な症状が治まった後2日間の登園・登校は禁止されています。
 夫婦共に働いている場合には少しでも早く仕事への復帰もしたい所だとは思います。

 

 しかし、症状が治まった直後はまだ体内にはこのウイルスが残っている可能性も高いため、周囲への感染やぶり返しを防ぐ為にもしっかりとこの期間は休む必要があります。
 また、長期間に渡り高熱を出した後の子どもの身体は大人が思っている以上に体力が落ちているため、新しい病原菌が入ってしまっても抵抗する体力が残っていない場合もあります。

 

 新しい病気に感染してしまうことが無いように、2日間という期間にとらわれずに、できることでしたら症状が治まった後もしっかりと休ませてあげて、体力の回復に努めきれると良いと思います。
 なお子どもだけではなく大人が感染した場合もまわりへの二次感染の配慮を持って、しっかりと休みを取ることも仕事の遅れへの配慮と同じぐらい大切です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。