風邪 抗生物質 種類

風邪に効果的な抗生物質の種類は?

スポンサーリンク

 

 風邪をひいたとき、ひきはじめなら十分な休息と睡眠をとるだけでも治りますが、忙しかったりしてそのまま何も対処しないでいるとかなりこじれて高熱が出たり、動けないくらいに体中がだるくなったりしてしまう場合があります。
 そうなると、市販の風邪薬を飲んでも効かないことも多く、医者に行く必要があります。

 

 そのとき、市販の風邪薬が効かなかった場合などは医者では抗生物質を処方することが多いです。
 抗生物質といっても色々な種類があります。
 特にのどの痛みを伴う場合は、炎症を抑える種類の抗生物質を処方されることが多いです。

 

 のどが痛い場合は扁桃腺が炎症をおこしていることがあり、高熱が出ても風邪薬や解熱剤などの市販薬で様子を見たりしていると、熱は薬が効いている間だけ下がってまた上がるという症状がでます。
 そのような場合は、医者で抗生物質を処方してもらわないと簡単には治らないばかりか、別の複合症などまで誘発してしまうことがあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 抗生物質は、一般的に胃腸に負担がかかることが多いので胃腸薬と一緒にのむ場合が多いです。
 そのような観点から、薬が多いからと思って素人判断で処方された薬と適当に省いて飲んでしまうと、胃腸の調子が悪くなってしまう場合があるので指示された通りに飲む必要があります。

 

 また、薬を飲むときは特に水の量は多めのほうがよいです。
 わずかな水でも飲むこともできますが、水が少ないと胃腸に負担がかかります。

 

 逆に、指示通り飲んでも胃腸の調子が悪くなる場合もあるので、そのようなときは医者や薬剤師の人に相談して何かしかの対策を考えたほうがよいです。

 

 特に薬剤師の人は、薬の効果や副作用なども熟知しており、医者に相談しずらかったり、相談するタイミングをのがしてしまった場合は、自分の症状などを詳細に説明して薬を減らしたり、変更したりできないかを話し合ったほうがよいです。

 

 従来は病院が直接薬を処方していたのを、たとえ病院内にあっても薬局で処方してもらう制度にしたのは上記のような目的のあるからなのです。

 

スポンサーリンク