風邪 汗 止まらない 原因 

風邪をひいて汗が止まらないんです!その原因は?

スポンサーリンク

 

 あなたは、風邪に罹ったことがありますか?
 ほとんどの人は、『はい、あります。』と答えるしょう。

 

 では、風邪に罹ったら、どうしますか?
 多くの人は、『風邪薬を飲みます。』と答えるかもしれませんね。
 でも、その方法って本当にいいことなんでしょうか?

 

 風邪によるくしゃみ、鼻水、咳、熱などの辛い症状を一刻も早く解消させたいと思うのは自然なことなんです。

 

 しかしながら、それらを薬によって無理やり抑えこんでしまうというのは、ちょっと自然ではないとも言われています。
 その昔には、今のような薬はなかったはずですよね。

 

 人間の体には、「自然治癒力」と呼ばれる自分で自分を治す力があります。
 人間だけでなく、野生動物にも勿論この力があり体調の悪い時や怪我をした時などには、じっとして回復を待つわけです。

 

 野生動物にとっては、薬というのはありません。
 薬草とか自然のもので薬の代わりになるものはあるのでしょうが、人間社会のような人工的な薬はないのです。

 

スポンサーリンク

 

 発熱するというのは、体温を上げてウイルスや細菌などと戦っている証拠なのです。
 鼻水や咳や下痢は、身体の中に溜まった老廃物や悪いものなどを身体の外に排出するものなのです。
 食欲不振は、消化に使われるエネルギーを体の回復に使おうとするものなのです。

 

 このように、「風邪とは、溜まった疲れや老廃物などを一掃するための身体の働き」とも言えるでしょう。

 

 ドイツの医科大学でガンの自然療法を研究していたイセルス教授の言葉にこういうものがあります。
 『世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ。』

 

 食欲不振や発熱は、「身体が自らを治すために起こした反応」という考え方になります。

 

 このため、発熱によって汗をかくのもごく自然なことと言えるでしょう。
 ですので、風邪で汗が止まらない時なども、タオル等で拭き取ったり、着替えをするなどしてごく自然に対処するのが良いのではないでしょうか。

 

 薬で無理やり熱を抑えるというのは、できるだけ避けたいところです。
 ただ、40℃近い高熱の場合には、単なる風邪だけでなく肺炎やインフルエンザなどの感染症も疑われますので、専門医の診察を受けることも必要です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。