風邪 腹痛 治し方

風邪による腹痛の効果的な治し方とは?

スポンサーリンク

 

 風邪の時に腹痛が同時に起きて、困ってしまったことはありませんか。
 これには2つのタイプが考えられます。

 

 まず1つは、ノロウイルスやロタウイルスによるウイルス性胃腸炎です。
 この場合は下痢や嘔吐を伴うことが多く、特にロタウイルスによる胃腸炎は、ノロウイルスよりも重症になることがあります。

 

 またロタウイルスの場合は、しばしば便が白くなることもあります。
 現時点ではウイルスに対抗できる薬がありませんので、治し方としては、胃腸を休めるのが一番です。

 

 そして水分補給をこまめにするようにしましょう。
 スポーツドリンクなどを少しずつ摂るようにするといいでしょう。
 こうすれば大体数日ほどで治ります。

 

 無理に物を食べるとかえってよくありません。
 また、それでも治らない時は、別の病気も考えられますので、内科か胃腸科を受診するようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 また風邪薬によって胃腸が荒れ、腹痛を起こすケースもあります。
 病院にかかった場合は、処方をしてくれた医師に相談してみましょう。
 もし市販薬で腹痛がある場合は、病院に行って、自分に合う薬を処方してもらうようにしてください。

 

 またそれ以外にも、風邪のような症状で腹痛が起こる時は、インフルエンザや虫垂炎のこともあります。
 その他には肝臓や膵臓、胆嚢の病気などが考えられます。

 

 特に吐き気や嘔吐がある場合、また胃腸を休めたり、薬を病院で処方してもらっても治らない時は、自己流の治し方をするのはやめて、改めて病院に行って再度診察を受けるか、あるいは総合病院で検査をしてもらうようにしましょう。

 

 発熱や寒気がする時は、とかく風邪と考えてしまいがちですが、意外な病気のこともあります。
 特に子供の場合は進行が速いので、気を付けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。