夏風邪 高熱 下がらない 続く

夏風邪で高熱が続く、下がらない!対処方法とは?

スポンサーリンク

 

 忙しい状態が続き不規則な生活を送っていると免疫力が下がってしまいます。
 免疫力が下がれば当然さまざまなウイルスや細菌への抵抗力が下がり、病気になってしまう恐れがあります。

 

 特に夏は暑い日が続くので体力が奪われ、食事をおろそかにしてしまうことにより免疫力が低下しやすくなります。
 夏場には夏風邪を引きやすい状態になってしまいます。
 大人であっても夏風邪を引いてしまいますと高熱が出てしまい、熱が続きなかなか下がらないというような状態になってしまいます。

 

 風邪は一般的に複数のウイルスに感染し根本的な治療薬がないために体力を回復させ免疫力を高めて、自然治癒させるしかない病気です。
 夏風邪もしかりで病院に行ってもなかなか治らないという場合があります。

 

 大人の場合ですと高熱が続いて下がらないという場合でも仕事を簡単に休めないという場合があります。
 高熱が続く、なかなか下がらないという場合にはどのように対処したらよいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 夏風邪の代表的なものとしては、手足口病としてして知られているコックサッキーウイルスに感染して起こるものやプール熱(咽頭粘膜熱)として知られているアデノウイルスによるもの、手足口病とよく似たエンテロウイルスによるヘルパンギーナなどがあります。

 

 手足口病やプール熱、ヘルパンギーナは、いずれも乳幼児など子供たちの間で感染が広がっているというイメージのあるものですが、大人でも感染します。
 感染してしまった乳幼児から看病している大人へと感染したり、ウイルスを保持している人との接触などにより感染してしまうことがあります。

 

 手足口病の場合にはそれほど高熱が出てしまうことはありませんし、発熱しないこともあります。
 しかし、プール熱やヘルパンギーナは39度以上の高熱が出てなかなか下がらないという場合があります。

 

 熱が出た場合には最初は悪寒がすることがあるので、その時に無理に下げるようなことをせずに悪寒が取れてから下げるようにします。
 体の外からだけでなく、アイスクリームを食べるなど内側から下げるようにするといいです。

 

 また夏場には暑いのより脱水症状が起きやすいので、水分補給を忘れずにするといいです。

 

スポンサーリンク