風邪 腹痛 下痢なし

風邪で腹痛でも下痢なしとは?

 風邪で腹痛を起こしても下痢をしないのは、どうしてなのでしょうか。

 

 皆さんも一度は風邪に罹ったことがあるかと思います。
 風邪は、最も身近な病気で、最も罹りやすい病気でもあります。

 

スポンサーリンク

 

 風邪の流行する季節は、冬の間が一番多くなっています。
 それは、風邪の原因となるウイルスにとって最も活動しやすい季節となるからなのです。

 

 風邪を発症させるウイルスは、湿度の低い状態を好みます。
 日本では、冬の間は湿度が低く乾燥した状態が続くので、自然とウイルスの活動が活発となって風邪が流行るようになるわけです。

 

 風邪の症状には、発熱やくしゃみ、鼻水、咳など、実に様々なものがあります。
 そのなかで、腹痛を伴なうものとしては、胃腸風邪が挙げられるでしょう。

 

 胃腸風邪というのは俗称で、正式には『感染性胃腸炎』と呼ばれています。
 感染性胃腸炎は、病原微生物によって引き起こされるもので大きく二つに分類されます。

 

スポンサーリンク

 

細菌性胃腸炎

 主に夏季に発症しやすい胃腸炎で、サルモネラ菌や腸炎ビブリオ菌などが原因で起こるものです。

 

ウイルス性胃腸炎

 主に冬季に発症しやすい胃腸炎で、ノロウイルスやロタウイルスなどが原因で起こるものです。

 

 感染性胃腸炎の主な症状としては、発熱や腹痛、吐き気、嘔吐、下痢などがあります。
 病原微生物による感染なので、通常は嘔吐や下痢を伴なう場合が多いのですが、腹痛のみで嘔吐や下痢なしという場合もあるようです。

 

 感染性胃腸炎を発症した場合は、数日は食事を控え、安静にしていることが大事です。
 嘔吐や下痢で、細菌やウイルスを体外へ排出すれば比較的早く回復するようになります。

 

 このため、吐き気止めや下痢止めなどで無理に抑えることは控えた方がいいでしょう。
 また、脱水状態にならないように適度な水分補給が必要になります。

 

 ただ、症状が酷かったり、回復が思わしくない場合には、病院で診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。