風邪 声が出ない 病院 薬

風邪で声が出ない!病院で処方される薬とは?

スポンサーリンク

 

 一般的な風邪であれば微熱や軽い頭痛となっていますが、症状が悪化すると同時に声が出ない状態になってしまうことがあります。
 その場合には病院で薬を処方してもらうことがあり、主に喉の炎症を抑えるものが渡されることが多いです。

 

 風邪によって声が出ない原因として、声帯に炎症が出来てしまったことによるものが多くなっています。
 発症理由として喉を痛めた状態で声を出してしまった場合において、こういった症状になってしまうことがあります。

 

 また長時間のカラオケなどによって喉を酷使した場合についても、同様に声帯に炎症が出来てしまうケースがあります。

 

 病院で処方される薬についてですが、声帯の炎症を緩和させるものが多くなっています。
 発熱を伴なう場合には、同時に解熱剤を処方されることが多いのが特徴となります。

 

 基本的には声帯の炎症を緩和させる抗菌薬が処方されることが多く、数日から1週間ほど服用することで完治させていきます。

 

スポンサーリンク

 

 風邪によって声が出ない場合の原因として声帯が炎症を起こしていることが多く、病院での治療薬についてもそれを抑えるものが中心です。
 ですが中には声帯が炎症を起こしているわけではなく、純粋に風邪による細菌やウィルスの影響が関係していることもあります。

 

 その場合にはこちらの症状を完治させることが優先となり、抗菌剤などが病院で処方されることが多くなっています。
 抗菌剤については病院でないと処方されないことが多く、ドラックストアでは購入出来ない品となります。
 なので風邪によって声の調子が悪い時においては、自己ケアではなくきちんとした医療機関で治療を受けるのが良いです。

 

 また薬以外の対策についても行うのが効果的であり、それは喉を乾燥させないという対処法になっています。
 主に保湿器を使用して乾燥対策をすることによって、喉の調子をより早く改善させることが出来るようになります。
 喉を保湿することによって、少しずつ細菌やウィルスの影響を受けた喉の症状が緩和されていきます。

 

スポンサーリンク