風邪 治りかけ 吐き気

風邪の治りかけでも吐き気があるのは?

 風邪の治りかけでも吐き気があるのは、どうしてなのでしょうか。

 

 風邪の一般的な症状には、くしゃみや鼻水、咳、熱などがあります。
 この他にも、胃腸に症状が現れるようになる胃腸風邪というのもあります。

 

スポンサーリンク

 

 ただ、これは風邪というよりも胃腸炎と言った方が症状をよく表しているでしょう。
 ウイルスや細菌によって発症するもので、感染性胃腸炎と呼ばれるものになります。

 

 冬場では、よく知られているノロウイルスによる感染があります。
 夏場では、大腸菌やサルモネラ菌などによる食中毒があります。

 

 胃やお腹が痛くなったり、下痢や嘔吐をしたりするようになります。
 当然、吐き気も感じることの多い病気になります。

 

 通常は、数日程度の安静で症状は回復するようになるものです。
 この時には、薬を飲んで無理やりに嘔吐や下痢を止めてしまうのは避けた方がいいでしょう。
 ウイルスや細菌を外に出す方が、回復が早いので、身体が自然とそのような反応をしていることが多いためです。

 

 食事を控えて休むことで、体力の回復にも繋がってくるようになります。
 下痢や嘔吐が続く場合には、ゆっくり休むというのも難しくなるかもしれませんが、治まるまでは我慢するしかないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 しかしながら、どうしても我慢できない程の痛みが続くような場合には、早目に病院へいくことも必要です。
 単なる胃腸炎ではない病気になっている場合もあるからです。

 

 このような風邪も安静にしていたり、場合にはよっては病院での診察で処方薬をもらいそれを服用することで、多くの場合には、症状が徐々に治まってくるようになります。

 

 しかしながら、風邪ではこの治りかけの状態が難しいのです。
 身体が楽になってきたので、つい無理をしてしまうことがあるのです。

 

 しばらく寝ていたので、その反動で身体を動かしたくなるということもあるでしょう。
 いつまでも休んでいられないので、会社や学校へ行ってしまうこともあるでしょう。

 

 でも、そのような時に、吐き気などの症状が残っていて、またぶり返してしまうこともあります。
 細菌やウイルスの活動が再度活発になってしまう可能性も残っているわけです。

 

 このようなことがないように、仕事や勉強はしっかりと治してから再開するようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 風邪の時の食べ物に果物はどうなのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。