風邪 ひきはじめ だるい

身体がだるいのは、風邪のひきはじめ?

スポンサーリンク
 

 

 なんだか身体がだるいし、ちょっと熱っぽい、という時は風邪のひき始めかもしれません。
 仕事も忙しくてゆっくり休んでなかったりすると、疲れも溜まってくるものです。
 季節の変わり目などでは、環境も変わってしまい、それがキッカケで風邪をひいてしまうこともよくあることですね。

 

 そのような時には、どのように対処するのがいいのでしょうか。
 意外と疎かにしがちなことや、ついついやってしまうことなどを含めてお話ししていきましょう。

 

 そもそも、風邪とは一体何なのでしょう?
 

風邪とは、主にウイルスの感染によって上気道(鼻腔や咽頭等)が炎症性の疾病に掛かった状態のことであり、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛などの全身症状が出現した状態のことである。 (ウィキペディアから引用)

 

 医学的には、『風邪』という病気はなくて、『風邪症候群』と呼ばれています。 
 風邪のほとんどは、ウイルスによる感染と言われており、そのウイルスの種類は200以上もあるそうです。

 

スポンサーリンク
 

 

 風邪をひくと多くの人は、風邪薬を飲むようですが、それって本当に効くのでしょうか?
 実は、風邪薬では原因となったウイルスを撃退することはできないのです。

 

 風邪薬の役割は、風邪の諸症状を緩和することにあります。
 実際に風邪を治しているのは、実は人間の免疫力ということを知っていましたか。

 

 この免疫力をしっかり働かせるためには、むしろ風邪薬は飲まない方がいいのです。
 熱が出るのは、体温を上げてウイルスを撃退しようとしている身体の反応です。

 

 咳やくしゃみ、鼻水は、ウイルスを一緒に体外に排出しようとしている身体の反応です。
 食欲がないのは、消化吸収に使われてしまう体力を身体の回復に使うため食べないで、という身体からのサインです。

 

 その昔、ドイツの医学者の言っていた言葉に次のようなものがあります。
 『世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ。』
 まさに、先ほどのことを見事に言い表している言葉ではないでしょうか。

 

 症状の重い時は別として、身体がだるい程度の風邪のひき始めであれば、ゆっくり休んでいるだけで充分回復できるようになります。
 もっと、人間本来の自然治癒力を信じましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。