インフルエンザ 検査キット 市販

インフルエンザの検査キットは市販されている?

スポンサーリンク

 

 現在では様々なタイプの検査キットが市販されるようになっています。
 検査できる項目も多種多様で、感染症や病気のリスクなどを迅速に調べることが可能です。

 

 市販の検査キットが登場したことで、昨今では短時間で結果が分かるようになりました。
 医療機関においてもこういった検査キットは広く使用されている状況です。

 

 特にインフルエンザの場合には治療を早く開始することが大事になるため、検査キットが重宝されています。
 通常、インフルエンザの簡易検査は鼻の分泌液を採取して行なわれます。
 細長い綿棒を鼻の奥に挿入して行なうスタイルが一般的です。

 

 こういった検査は自分で行なうことが難しいことから、インフルエンザの検査キットは市販されておらず、主に医療機関で使われています。
 採取した分泌液にウイルスが見つかれば、すぐに結果が現れるのがこのキットの特徴です。

 

 A型やB型といったタイプまで分かるため、治療もよりスムーズに行なうことができます。
 特に流行のピーク時に活躍するのがこのような検査キットです。

 

スポンサーリンク

 

 インフルエンザの検査を受ける場合には、症状が現れてから約1日経過後が適当とされています。
 時期が余り早いと、場合によっては正確な結果が得られないことがあるのが厄介な点です。

 

 治療薬を効果的に利用するためにも、適した時期を見計らって検査を受けることが必要となります。
 万が一感染していた場合には、その後速やかに治療に移行できる点がこういったインフルエンザ検査の最大のメリットです。

 

 医療機関によっては喉から分泌液をとる場合もあります。
 具体的な検査方法にはこういった違いがあるのが一般的で、特に子供の場合にはよりスムーズな方法をとる医療機関を選ぶことがコツです。
 鼻や喉への器具の挿入は少なからず苦痛を伴うため、出来るだけ楽な方法で実施する医療機関を探すことも一つの方法となります。

 

 発症後数日経過すれば、血液を採取して抗体を調べることも可能です。
 様々なアプローチで感染の有無が調べられるのが、最近の状況と言えます。

 

スポンサーリンク