インフルエンザ ウイルス 排出期間

インフルエンザウイルスの排出期間はどれくらい?

スポンサーリンク

 

 インフルエンザを発症した場合には、通常では1週間程度で症状が落ち着いてきます。
 このように症状が落ち着くまでが一般的なウイルスの排出期間です。

 

 ウイルスの排出期間は個人の状態によってケースバイケースであり、症状がなくなったからといって即感染力がなくなったと考えるのは時に早計となります。
 学校などの集団感染が懸念される場では、発症後医師の許可を受けてから登校が再開されるのが一般的です。
 こういった場では、特に排出期間には注意が払われます。

 

 インフルエンザのウイルスが排出されている期間は、罹患者の着衣や寝具などからも感染することがあります。
 このため看護をする家族は二次感染を防ぐためにも、一定の注意が必要です。
 空気から感染する飛沫感染も起こり得ます。

 

 従って気密性の高い部屋で罹患者が過ごした場合には、その後充分に換気することが大切です。
 集団生活の中では中々このような注意がしにくいため、ウイルス排出期間中は外出を控えるのが賢明と言えます。

 

スポンサーリンク

 

 ウイルスの排出量をできるだけ抑えるためには、発症後の早い段階でインフルエンザの治療薬を服用するのが一つの方法です。
 こういった治療薬はウイルスの増殖を抑制する作用があるため、結果的にウイルスの排出される量も減ります。

 

 症状を早目に緩和するためにも役立つことから、インフルエンザに罹患した場合には早々に医療機関で検査を受けることがポイントです。
 発症後約2日以内であればこのような治療薬の効果は最大限に得られます。

 

 インフルエンザは特に子供や高齢者の場合には、重篤な症状を呈することもあります。
 肺炎や脳症などのリスクもあり、合併症にも注意することが必要な感染症です。

 

 発症のピークは12〜2月となるため、この時期には極力人混みを避けたりマスクを着用するなどの注意を要します。
 マスクはより気密性の高い物を選ぶことで、飛沫感染を避けることが可能です。

 

 手洗いの徹底もこの感染症の予防には効果的となります。
 ちょっとした注意が感染を避けるコツとなります。

 

スポンサーリンク