インフルエンザ うつる 時期 確率

インフルエンザのうつる時期とその確率は?

スポンサーリンク

 

 インフルエンザが冬に流行することは、皆さんもよくご存知かと思います。

 

 一般的な風邪よりも重症になりやすく、小さい子供や高齢者がいる家庭では特に気をつける必要があります。
 インフルエンザは、毎年11月ごろから感染者が出始め3月ごろまで続きます。

 

 冬に流行する理由は、ウィルスが冬には活発化しやすいからです。
 ウィルスは、温度が低く乾燥したところで増殖しやすいのです。

 

 インフルエンザに感染しても、すぐに症状が出るわけではなく、2日ほどの潜伏期間があります。
 潜伏期間中にも感染の危険がありますが、熱やくしゃみといった自覚症状はほとんどありません。

 

 普通に生活をしている人もすでにインフルエンザにかかっている可能性があるのです。
 このため、流行している時期には、人混みなどでもうつる確率が大きくなります。

 

 外出する際には、可能な限りマスクをしましょう。
 また、手洗いやうがいも効果的です。
 付着しているウイルスがあったとしても洗い流すことができます。

 

スポンサーリンク

 

 家族がインフルエンザに感染したらどのように予防すればいいでしょうか。
 やはり、一緒に生活をしている分、うつってしまう確率が高くなります。

 

 完全に隔離するのは難しいですが、他の家族が生活している部屋とは離すようにしましょう。
 窓を閉めっぱなしにすると、ウィルスが充満するので、空気を入れ替えましょう。

 

 また、湿度が低すぎるとウィルスが増殖します。
 部屋を乾燥させすぎないように湿度計等で管理をし、加湿をすると安心です。

 

 インフルエンザは主に飛沫感染なのでくしゃみなどでうつることが多いです。
 感染した本人だけではなく、看病する人も必ずマスクをしてくしゃみなどが直接かからないようにしましょう。

 

 万が一、うつってしまった時でも、予防接種をしていれば症状が軽く済みます。
 流行する時期の前にワクチンを打つこともお勧めします。

 

 うつる可能性がある期間は、潜伏期間中から始まり、発熱3日目にピークを迎えます。
 このため、この期間は特に気をつけて予防するようにしましょう。

 

スポンサーリンク