インフルエンザ 頭痛 残る 治らない

インフルエンザ後に頭痛が残る?治らない時には?

スポンサーリンク

 

 インフルエンザに特徴的な症状として、頭痛や関節痛などが挙げられます。
 このような症状は発熱と共に起きることが多く、通常は1週間程度で治まってきます。

 

 しかし、場合によっては熱が下がった後もしばらく頭痛などが残ることがあります。
 インフルエンザで生じる頭痛はかなり強いのが特徴です。

 

 このため、治らない症状に不安を抱く方も出てきます。
 そういった場合には、憶することなく早目に医療機関で相談するのがベストです。

 

 ほとんどのケースでは新たに鎮痛剤などが処方されることが多く、様子を見ることになります。
 痙攣や意識障害などが生じている場合には、インフルエンザ脳症の疑いが出てくるため急いで受診することが必要です。
 市販の頭痛薬や鎮痛薬などを服用すると、場合によってはこのようなインフルエンザ脳症を誘発してしまうことがあります。

 

 従って、痛みどめの薬を飲む際には、医師や薬剤師に相談することが大事になります。
 インフルエンザ脳症を起こしやすい子供では特に注意が必要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

 なかなか治らない頭痛は、実の所インフルエンザではよく見られます。
 このような症状が残る場合はまれに他の病気が潜んでいることもあるため、様子を見て専門の検査を受けるのも一つの方法です。

 

 通常の風邪と違ってインフルエンザは症状の現れ方が激しいことから、大人の場合にも不安を感じることが多いと言えます。
 不安な場合には一人で問題を抱えずに、病院を受診した方が精神的にも安定が得られ合理的です。

 

 最近では、早期の回復を促す市販の栄養液などが販売されています。
 回復期にはこういった商品を利用するのも一案です。

 

 食欲がない場合にも、このような商品であれば比較的楽に栄養分を摂取することが出来ます。
 脱水症状が懸念される場合は、必要に応じて病院で点滴などを受けることもいいでしょう。

 

 回復を焦らずに体を休めることが、インフルエンザなどの感染性の疾患では重要となります。
 特に高齢者や子供は症状に気を配りながら完全に治すことが症状を長引かせないコツとなってきます。

 

スポンサーリンク