胃腸風邪 症状 熱はない 大人

大人の胃腸風邪!熱はない症状とは?

 大人の胃腸風邪で、熱がないのはどのような症状なのでしょうか。

 

 胃腸風邪とは、ウィルスによる感染性胃腸炎のことです。
 胃腸風邪は、ウィルスやばい菌、寄生虫などによって起こりますが、冬場は圧倒的にウィルスが原因となる感染性胃腸炎が多くなります。

 

スポンサーリンク

 

 そして、ウィルスの中では、ノロウィルスやロタウィルスが有名です。
 ロタウィルスは、おもに子供にひどい胃腸炎を引き起こし、白い下痢が多いことが特徴となります。

 

 ノロウィルスは、大人にも感染しますので、家族全員が胃腸風邪にかかるというケースも少なくありません。
 子供にも大人にも胃腸炎を引き起こすノロウィルスは、体内に侵入してから1日〜2日後に症状が出現します。

 

 熱はないことが多く、出る時もあるのですが、熱は出ても38度くらいまでで、高熱になることはまずありません。
 症状としては、まずお腹がはって痛い、吐き気がするといったことになり、次に下痢と嘔吐が始まります。
 下痢だけ、嘔吐だけの場合もあります。
 そのほか関節痛や、頭痛を伴う場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 熱はないノロウィルスは、症状が出てから2日〜3日ほどで、急速に回復します。
 下痢や嘔吐の症状がある間は、無理に食べても消化不良を起こしてしまい、余計に吐いたり下痢をしたりしますので、おなかを安静にするということが、もっとも重要となります。

 

 少量の水分を摂っただけでも、吐いてしまうほどひどい場合には、脱水症状のために点滴が必要となる場合もあります。
 家族間で胃腸風邪がうつるケースは、非常に多い傾向にあります。
 ウィルスが、吐瀉物や下痢の中に排出されるため、後片付けを行った家族に、伝染することが多いからです。

 

 家族感染を回避するために、もっとも効果的な予防法は、手洗いとなります、石鹸を使って、しっかりと手を洗うようにしましょう。
 ノロウィルスに感染すると、大人の場合には下痢が多いといわれており、人によっては血便が見られることもあります。

 

 また、ノロウィルスの潜伏期間は、24時間〜48時間となりますので、下痢や嘔吐の原因は、直前の食事ではないということになります。
 前日または前々日の食事が原因となります。

 

スポンサーリンク