インフルエンザ A型 えーがた 症状

インフルエンザA型の気を付けたい症状は?

スポンサーリンク

 

 インフルエンザには、A型(えーがた)というものがあります。
 病院に行って検査するとプラスと言われるタイプのものが、A型(えーがた)になります。

 

 一般的に日本のインフルエンザは、12〜3月頃が流行期と言われています。
 この病気は風邪と症状が異なるのが特徴的です。
 風邪というのは、いろいろなウイルスが原因でなる病気です。

 

 風邪の症状としては、咳やのどの痛み、鼻水などが現れます。
 熱はインフルエンザに比べると、そこまで高くならないのが一般的だとされています。

 

 これに対してインフルエンザは突然、38度を超えるような発熱が起こり、それに伴ない頭痛や関節の痛みまたは全身のだるさ、加えて風邪の症状が起こってくる場合もあります。
 決定的に違うのは熱になります。

 

 悪くなると合併症を起こすのも特徴的になります。
 特に気をつけたいのは、子供と高齢者になります。
 小学生に上がる前の子供の場合はインフルエンザ脳症、そして高齢者の場合は肺炎に注意をしなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

 インフルエンザ脳症は、1歳から幼稚園ぐらいの子供に良く発症します。
 発熱した後に痙攣や意識障害が出てきます。
 また意味のわからない事を言ったりするなどの症状が現れた場合は脳症を疑って、すぐにでも小児科を受診することが大切になります。

 

 インフルエンザ脳症は、年間100〜200人程の子供で発症しています。
 治療が早ければ大事には至りませんが、遅れると命に関わる場合もありますので注意が必要です。

 

 高齢者の方の場合は肺炎に注意が必要になります。
 多い年になると、年間には1万人以上の方がこのために亡くなる場合もあります。

 

 インフルエンザの予防をするためには、ワクチンを接種することが効果的とされています。
 このワクチンの効果というのは2つのタイプがあります。

 

 一つはプライミングのタイプがあります。
 このタイプは全く抗体がない状態に抗体をつけることで、ポリオの生ワクチンと同じです。

 

 二つ目にはブースティング効果といい、基礎的な免疫力を上げる効果があります。

 

 抗体の付きにくい65歳以上の人や糖尿病を患っている人、ステロイドを長期に渡って使用している人では、一回では効果がないことが多いので子供と同じように2回接種する方がより効果があるとされています。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。